木の家

住まいの設計

木也屋の住まいは、「安心と心地よさ」を設計の基本としております。その上で私たちの考えを提案し、私たちの技術を用い、お客様が求める住まいをより満足度の高い家にしたいと思い設計しております。

「彩ある天然色の家」

木造とは家の構造を指す言葉。柱や梁に木を使っていても、合板やボード類で覆い隠しては素材である「木」を見ることができません。構造を化粧仕上げとしたり、仕上げとなる造作材にも天然木を使う。木也屋が設立当初からこだわる木の仕上げ。

やさしい色彩と心地よい肌触り。

杉、欅、楢、胡桃、栃などの豊富な天然木を使い、建物のスタイルを変えても、すべての住まいに「木」へのこだわりを感じていただけるプランをご提案いたします。

「にいがた杉の家」

「越後杉ブランド材」を利用した住まいをご提案いたしております。越後杉ブランド材とは、県産のスギ材を乾燥後強度試験を行い、「越後杉ブランド証明書」と共に出荷されるもので、安定した強度はもちろんのこと、「調湿」「断熱」「木の香の健康的な住まい」などの機能を持ちます。県産材を使用することで、長年手付かずであった県内山林の循環を促進し、林業の活性化にもつながります。また木造はコン クリート造や鉄骨造と比べ地球環境にもやさしいことが知られています。 私たちはこの「越後杉ブランド材」を使った住まいを皆様にご提案しております。

「伝統的日本の住まい」

広々とした玄関、二間続きの和室、家を支える太い大黒柱。優れた素材と大胆な間取りに細やかな仕事。部屋の間取りは変えつつも、伝統的な住まいの良さを設計に取り入れ、また素材には良質な県産の杉、欅を用い住まいに和みと風格を持たせています。お客様の個性に合わせリビングの中心に皆で囲む囲炉裏を配したり、大きな木がそのまま柱として使われていたりと様々ですが、伝統的な日本の住まいが持つ「ゆとり」と天然木の「やさしさ」を感じることができる住まいの設計を心がけております。

「日本家屋の再生」

木也屋では江戸、明治時代から受け継がれる古民家や蔵に新たに手を加えることで、何世代にも受け継がれる「日本家屋の再生」に取り組んでおります。すすけた欅の馬梁や漆塗りの差し、十二尺の通し柱のみで建てられた蔵。現在の住まいでは見られない大きな梁や柱が住み人の暮らしを支えてきました。解体するには早すぎる。百年二百年と世代を越え主を代えても住み続ける魅力のある家がまだまだある。木也屋では住まいの新築、増改築に加え、この「日本家屋の再生」により、強さと美しさを備えた数多くの住まいを残していきたいと考えています。