昭和懐古的改修

新しい元号が発表されました。

私は昭和生まれ。もうすぐ2世代前になってしまいます。


北出丸は昭和生まれ(たぶん)。あの北出丸を現代的、スタイリッシュにすることはちょっと無理があります。

当時の良さを残しつつ、住みやすくすることがこの家のリフォームの目的。

やっと一部屋DIY、ペンキ塗りです。


家を建てるときに塗装は塗装屋さんに任せます。自分ではやりません。その仕事に長けた人に頼みます。


今回はDIY!


結構大変です。

この家の壁はほとんどが繊維壁であったため、壁落としからの作業。

①霧吹き 壁全体に水分を均一に含ませるように霧吹き、15分から30分ほど放置する

②スクレイパーで繊維壁を落とす

③落としきれない繊維をたわしやワイヤーブラシで落とす

④落ちた繊維を掃除

⑤壁と柱の隙間、壁の穴などをボンドコークやパテで下地作り

⑥サンドペーパーで下地調整

⑦塗装前の掃除

⑧ペンキが垂れてはいけないところをマスキングテープで養生

⑨1回目塗装 シーラー

⑩2回目塗装 ペンキ中塗り

⑪3回目塗装 上塗り

⑫養生はがし

⑬掃除

主な工程はこんな感じ。

それぞれの工程にコツがあり、それを手順よく進めるまでにちょっと時間がかかりました。

ペンキ塗りは初めてなんで当たり前です。

一部屋塗って終わり! ではありませんので、次の部屋、その次の部屋と工程を考えながら進めないと早く終わりません…たいへんだ…


………


普段の建築現場での会話 「塗装屋さんと私」


私 (ちょっとここら辺の壁、ペロペロっと塗っといて)

塗装屋さん (この壁塗るのはできるけど、ペロペロとは塗らんない)





やってみて、

良くわかりました。


今の私はこんな感じ…






モロッコに行った時のペンキ屋さん。

以前のブログ chibi-moku lifeより

 http://blog.livedoor.jp/mokusanblog/archives/1065068933.html


木也屋 きなりや

木也屋では上越の住まいの新築、増改築を承っております。一戸建ての新築やリフォーム、アパートや店舗の新築や改装も承っております。木也屋の住まいの特徴は、無垢材を豊富に使った温かみとやさしさのある住まい。欅、桜、楢、胡桃など国産の広葉樹を使い、より上質な仕上がりと住み心地を実現。上越の豪雪に耐え快適な住まいをご提案いたします。店頭で広葉樹一枚板や木の器を展示販売しておりますのでお気軽にご来店ください。

0コメント

  • 1000 / 1000