funghi cucina

今年もそろそろ終わりです。

12月はいろいろと忙しく、なかなか更新できませんでした。

あまり写真も撮ってませんが、今年最後(たぶん)にいくつかどうぞ。



作ってみました

キノコ料理です。


まぁ、料理というほどではありませんが。

使ったキノコはこれ


ヒラタケ(浦川原ではカタハと呼んでいます)。

最近「霜降りひらたけ」という名前で売っているキノコの「天然もの」です。

午前中、霙や雨が降っていたのでちょっと濡れていて気味悪い感じですが、食用キノコ。


たぶん子供のころは時々ご飯のおかずになっていたんでしょうが、その時から印象が良くありません。

けっこう独特の風味なんです。

ただネットで気になる記事を発見したので、ちょっと採ってやってみることにしました。


その記事とは「冬のヒラタケの若芽(小さいもの)は貴重」


気になります。


本当かどうかはやってみなければわかりません。


今回のキノコ料理

〇汚れていなければ、そのまま使います。手で割いておきます

〇フライパンにオリーブオイルとニンニク

〇ニンニクが焦げる前にヒラタケと水を入れる

〇蓋をして蒸し焼きにする

〇ヒラタケからかなり水が出るので、少し蓋をずらしてしんなりするまで火にかける

〇頃合いを見てバター、しょうゆを入れ味を調える

〇皿に盛る

〇食べる


あ~、だいじょうぶかなぁ…


ん? 


パクパク…


いけるいける


パクパク…


大丈夫だ、食べれる


パクパク…


これは、いいんじゃないか


たぶん、もう少し味を足すとステーキソースになるような感じです

キノコソースです


ちょっと驚き

またやってみよう。



――――――――



今年は野菜作り一切なし!

唯一作っているもので収穫できたのはこれ





なめこ

駒打ちしてから丸2年たちます。

そこそこ出てくれました。



キノコと言えば珍しいものも発見しました。


スッポンタケ


これは…



先端からゼリー状のものが…


これは…




載せようか迷って見送っていましたが、せっかくなんで載せときます。



――――――――



去年うちの店に来たいっちゃん。

大きくなりました。

もう、店に連れて行くと捕まえることができませんので、家で毎日留守番です。


枯れた花や木の葉で作った「生け花」を破壊します。


小手の黒模様が重なると、ハート型になります。



12月に入ってあまり写真も撮っていないので、このへんで今年は終了です。


また来年もよろしくお願いいたします。

木也屋 きなりや

木也屋では上越の住まいの新築、増改築を承っております。一戸建ての新築やリフォーム、アパートや店舗の新築や改装も承っております。木也屋の住まいの特徴は、無垢材を豊富に使った温かみとやさしさのある住まい。欅、桜、楢、胡桃など国産の広葉樹を使い、より上質な仕上がりと住み心地を実現。上越の豪雪に耐え快適な住まいをご提案いたします。店頭で広葉樹一枚板や木の器を展示販売しておりますのでお気軽にご来店ください。

0コメント

  • 1000 / 1000