ないよりは、まし

今日の夕方には緊急事態宣言が出される見通し。

上越では初めてのコロナ感染者が確認されました。


連日の報道でコロナ終息の気配はなく、まだまだマスク不足が続きそうです。


不足して困っているのは皆さんも同じでしょう。

しかし、建築現場の作業や木材の加工などで必要なマスクは、写真下の防塵マスク。

写真上の一般的なマスク同様、手に入れることができません。

これがないと困るんです。

一般的なマスクや布マスク、タオルなどで顔を覆っても役に立ちません。


手に入らなければ自作するしかありません。




現場作業向け、なんちゃって防塵マスクの作り方


用意する材料と道具

〇掃除機の紙パック(高機能なほど値段が高い)

〇両面テープ(若干厚めのほうがいい)

〇ゴム紐

〇ビニタイ(園芸用)

〇ホチキス

〇ローラー

〇ハサミ、カッター



まずは分解。


通常、掃除機の紙パックの中にゴミがたまります。

マスクにするときは紙パックの内側が外になるように作ります。


両面テープを貼り、ローラーで圧着。


ビニタイを挟んでもう一枚を貼り合わせます。

そしてまたローラーで圧着。


次にこんな感じで両面テープを貼って、


二つ折りにして圧着。

はみ出ている部分は切り落とします。


残りの接着していない部分に両面テープを貼り、圧着。


いらない部分を切り落とし、


カップの完成。


ホチキスでゴムを留めて完成です。


はめてみると、顔に密着し付け心地は良さそうです。

ホチキスは顔にあたりません。


なぜ掃除機の紙パックを選んだかというと、現場作業に必要なのは「防塵」。

紙パックであれば、ある程度は機能するんじゃないかと思ったから。

使ってみないとわかりませんが、まぁないよりはましかと…


早く防塵マスクが買えるようになってほしいものです。


木也屋 きなりや

木也屋では上越の住まいの新築、増改築を承っております。一戸建ての新築やリフォーム、アパートや店舗の新築や改装も承っております。木也屋の住まいの特徴は、無垢材を豊富に使った温かみとやさしさのある住まい。欅、桜、楢、胡桃など国産の広葉樹を使い、より上質な仕上がりと住み心地を実現。上越の豪雪に耐え快適な住まいをご提案いたします。店頭で広葉樹一枚板や木の器を展示販売しておりますのでお気軽にご来店ください。

0コメント

  • 1000 / 1000